• ホーム
  • トリコモナスに入り込まれないためにはどのような対策をすれば良いのか

トリコモナスに入り込まれないためにはどのような対策をすれば良いのか

2020年06月11日

トリコモナスは珍しい存在ではありませんし、一定の条件下にあれば感染しやすいものです。その一方で感染を予防することが可能で、また薬によって完治させることもできる病気になります。

トリコモナスの感染で多いのは、不特定多数の相手と性交するような場合です。トリコモナスの感染場所で他者に感染させるようなことになるのは膣であり、感染者と性交することで起こります。ただし肛門を用いた場合には感染することはないため、男性同士の場合には通常は感染が起こらないのが他の性病との大きな違いといえます。また男性の自覚症状が小さくその結果、不特定多数の相手と性交すればトリコモナスを蔓延させる原因となるものです。なお、原生生物ですので薬を使って身体から排除したとしても、何度でも再感染しますし、トリコモナスが存在していると他の性病になるリスクが高く、特にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染率を高めることになります。

トリコモナスに入り込まれないようにする対策としては、濃厚な粘膜の接触を避けることであり、このためコンドームの使用が対策としては効果があります。また感染している可能性がある相手とは性交することを避けることが無難です。女性の感染には、悪臭のする下り物が起こるため同時に性器の臭いも強くなるため、それらの女性との直接的な性交はするべきではありませんし、またコンドームを使用して直接的な接触を避けることが大事です。感染が疑われる場合には検査することで知ることができますし、性病として扱われていますから健康保険で治療することができます。

一方で、性交以外でも感染する可能性があることにも留意しなければなりません。感染者が使用したタオルや便座などにトリコモナスが移り、そこから感染するケースもあります。共同浴場も感染するリスクがある場所で、特に女性の場合には陰部を感染しそうな場所に接触させないような工夫が必要です。なお、トリコモナスそのものは弱いもので浴槽であれば41度以上の高温であったり、塩素消毒された水道水であれば死滅するため感染することはありません。

トリコモナスが入り込まないようにする対策としては、性交時にはコンドームを使用することが重要です。また感染者が使用したタオルなどで陰部を拭かないといったことが必要になりますが、感染原因として多いのが性交によるものですから、コンドームの使用がもっとも有効な予防対策といえます。